若さに憧れるおじさん

ぴちぴちギャルを横目で眺めるヒキコモリがちな毎日を過ごすおじさんの日記。

イギリスの美少女アイドル・ジェマちゃんが可愛い

f:id:izumirina:20170709012426j:plain

着エロの女性の外国人グラビアアイドルに「ジェマ」ちゃんという可愛い女の子がいる。ブロンドの長い髪と白いお肌。そして何よりも若いぴちぴちギャルだ。雑誌グラビアモデルでも使えそうな女の子だ。人気が出て当り前だろう。誰もが認める今イチオシのグラビアアイドルだ。天使降臨! ジェマ

今まで何故かこんな感じの可愛いモデルさんって出てこなかったんだよね。勿論エッチな方の話だが・・。映画なんかで出てくる金髪の女性は綺麗だけど、アダで登場する女性となると、いつもグラマラスばかりで嫌気が差していた。このジェマちゃんはまさに正統派のアイドルだろう。イギリス出身の女の子である。人間と言いますのは一番最初のイメージで、その人のことを好きになるか嫌いになるかを決定づけるのは間違いない。

ただ一つだけ気になる欠点がある・・。それは名前が「ジェマ」だけで短い。ちゃんと性と名があったようが良かったんじゃないかな。日本人の女優でも名前だけの人がいるよね。確かに分かりやすいかもしれないが、ネット上で「名」だけでは、きっと検索に出てこないよ思うよ。希望と実態は全く違うということを受け止めて、ご自身の心の底にある願望を大事にして、恋愛を堪能するようにしたら、うまくいくでしょう。意味不・・。

 

若者たちの結婚観の考察ネットレビュー

恋愛に生じる悩みとか、心配は様々で多岐にわたっています。問題を解決して恋愛を続けることを希望しているならば、恋愛に関することを会得するための、相手の心を鷲掴みにする恋愛テクニックというものが大切です。とてもシンプルな恋愛テクニックをお教えしましょう。本当に簡単な事なんですが、有為転変な明るさの表現だと言えます。笑みを浮かべる練習をスタートしましょう。アプローチしやすい空気感が比較的目立ってきます。

社会人になる以前だったら数々あったはずの出会いですが、でもなぜか、会社勤めになったら仕事に忙しくて出会いがないなどという言葉が、あちこちで聞こえたりすると思います。比較的長く恋人を持てない人は、なぜか出会いのがない立場に身を置くケースや出会いを探す方法を誤っているという場合がとても多いそうです。長年の研究成果である心理学を使った恋愛テクニックなどは、それ以外と比較してもその効果を望めます。あなたも恋愛テクニックを初歩から会得して、自信を付けて実践してみることをお勧めします。仮に結婚したいと思っていても、受け身でい続けるせいで結婚できない人は、残念ながら50代を迎えた人の中にもいるはずです。歳をとればとるほど、理想の結婚願望があるのならば、意気揚々と何か行動を起こすべきじゃないでしょうか。

私たちの短い生涯の中で、結婚までを意識できる相手は、統計的にほんのわずかで2、3人だと思います。それ以外の人とは恋愛関係になっても、結婚を前提とした深い関係には至らないのが日常的なのです。好意を寄せている人と恋をしたければ、恥ずかしがらずに彼に自分で声を掛けましょう。あなたも恋愛心理学を憶えるだけで、好きな人のハートを入手したようなものですよ。例えばあなたが、ゼロに近いくらい結婚できそうな出会いがないと感じているとすると、それを最終的に引き起こしているのは、過去を含めた今の生活習慣の何かが関わっているかもしれません。暗中模索気味にいろんな人と付き合っても、幸せな家庭を築くというところにたどり着くことができる相手は、たぶん1人から3人くらいかもしれません。そんな相手以外は恋愛をして、結婚を前向きに考えたより深い付き合いにはならないそうです。明治時代から伝わる恋愛テクニックと呼ばれるものを利用することに、多くの文学家たちも賛同しています。決して二の足を踏むことはありませんよ。想っている人との仲を深め、とにかく恋人にしたい大事な仕事ですからね。

 

 

 

 

クラブで働く夜の蝶をGETしたい妄想

f:id:izumirina:20170206030725j:plain

 スナックやクラブの飲み屋のキレイなお姉さんをゲットしたい。誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。その子を口説き落とすため毎日のように仕事上がりには必ずそのお店へ立ち寄る。そんな人も多いかもしれませんね。私もそうでした。

難しそうでそうでなさそうで、まあ数打てばそのうち当たるかもしれませんね。でも数を打つなら違うお店で(笑

同じお店の中で誰これかまわず言い寄っていては、一兎のうさぎも得ることは出来ません。数を打つとは違うお店を回ることですね。まあ飲み代が高くつきそうですが(汗

仲良くなって口説き落とせたとして、日曜日にデートに誘ってホテルへ・・・これでも嬉しいのですが、でもちょっと違うような気もします。
それは自分が好きになったのは、クラブで働いている夜の蝶とよばれるあの子。

決してカジュアルな衣装に身を包んだ、普通の可愛らしい女の子ではありません。クラブに勤める子を、その衣装のまま、つまりお勤めの終わりにホテルへ連れ込んでこそ己の興奮度も高いというものです。ちょうど写真のような女の子、その衣装。このままホテルへ連れ込みたい、それが理想なのですね。他の客もみんなが狙っている、人気のあの女の子。それは私だけのものです。